日本学校農業クラブ連盟    
    Future Farmers of Japan                


 

農業クラブ全国大会とは

全国各地で農業を学ぶ高校生は、農業クラブ員として「指導性」「社会性」「科学性」の伸長を目標に日々プロジェクト活動をはじめ各専門分野の活動を行っています。これらの活動の成果を発表する場として日本学校農業クラブ連盟全国大会があります。知識・技術の競い合いと同時にクラブ員相互の交流も大切な目的です。
 
最新情報
最新の情報は、トップページ左側に表示される全国大会のバナーをクリックしてください。
 
全国大会の実施競技 
  • 農業鑑定競技会
    農業に関する知識・技術の成果を、鑑定・判定・診断等において、その実力を競い合うものです。
    競技の実施区分と出題範囲は、所属する9つの学科・コース(農業、園芸、畜産、生活科学、農業土木、林業、食品科学科、造園、農業機械)に分かれます。
    出題数は40問で、1問当たりの解答時間は20秒です。ただし、最後の2問は40秒問題となっており難問です。要は、机の上に並べられた農業生物、種子、肥料、機械機具、農薬、薬品、実験器具・・・等々を20秒というわずかな時間で鑑定・判定し、解答用紙に書き込んでいき、その正解率を競うというものです。
    40秒問題は、農薬や肥料、試薬などの計算問題が多く、備え付けの電卓を使ってもよいことになっています。


  • プロジェクト発表会
    日頃のプロジェクト活動の成果をパソコンとプロジェクターなどの視聴覚機器を使って発表することにより、クラブ員の科学的な資質の向上を図ります。発表時間は10分です。
    発表は、10名以内とされ、個人・グループで行われます。発表者の他、指示棒やレーザーポインター等を使った指示者、パソコンの操作係が必要となります。また、生産物等の展示や演示も行われます。
    発表区分と内容は次の通りです。
    ■Ⅰ類 生産・流通・経営
    ・食料生産や食品加工に関すること
    ・食料や食品の経営・流通に関すること
    ・草花や木材,林産加工などを含めた生産とそれに関わる経営や流通に関すること
    ■Ⅱ類 開発・保全・創造
    ・環境の保全・創造に関すること
    ・環境を創造する素材の生産に関すること
    ■Ⅲ類 ヒューマンサービス
    ・文化や交流に関すること
    ・生物の活用に関すること 

     
  • 意見発表会
    クラブ員の身近な課題や将来の抱負について7分間の原稿にまとめ発表します。
    問題解決のための自主的・積極的な態度と能力を養うことを目的としています。発表者にとっては、いかに自分の気持ちと発表内容を聴衆に理解してもらうことができるかも重要な要素です。7分間原稿を見ずに精一杯発表します。
    発表区分と内容については次のとおりです。
    ■Ⅰ類 生産・流通・経営
    ・食料生産や食品加工に関する意見
    ・食料や食品の経営・流通に関する意見
    ・草花や木材,林産加工などを含めた生産とそれに関わる経営や流通に関する意見
    ■Ⅱ類 開発・保全・創造
    ・環境の保全・創造に関する意見
    ・環境を創造する素材の生産に関する意見
    ■Ⅲ類 ヒューマンサービス
    ・文化や交流,福祉に関する意見
    ・学校生活や家庭生活に関する意見
  • 農業情報処理競技会(平成27年度群馬大会では、実施いたしません)
    農業情報処理に関する基礎的な知識を問うとともに、パーソナルコンピュータを使用した表計算並びに考察文書処理を行う競技会です。1時間の制限時間内に、表計算処理、グラフ作成は、情報処理競技

     指示された内容に従い、与えられた
     データを処理し、表及びグラフを作成
     します。その後、作成した表やグラフ
     を参考に考察を行い、ワープロで文
     書を作成します。
     データの的確な判断と素早い処理能
     力が試される競技会です。
     平成20年度の佐賀大会から新しい実
     施基準で行われました。
     公開競技ですので、実施は開催県が判断します。平成25年
     度全国大会(首都圏大会)にて、千葉県が担当して行われました。


 


  • 平板測量競技会
    平板測量の技術を、3~4人のグループで制限時間内での測量の正確さによって競う競技会です。
    指定された測点をアリダード・巻き尺・ポールなどを使って、15~30分の制限時間内に、いかに早く、正確に測量できるかを競います。そして一次作業・二次作業の外業でのデータ基に、三次作業の内業があります。
    チームワークも重要で、これらのすべてがしっかりとできていなければなりません。


  • 家畜審査競技会(公開競技)(平成27年度群馬大会では、実施いたしません)
    牛(乳牛・肉用牛)や豚の外貌(がいぼう)家畜審査競技を比較・観察し、体の中でよい部分と悪い部分を見分ける目を養うことを目的とした競技会です。
    通常は4頭が並べられ、その中で骨格・肉付き・乳房の形等、各部の優劣を順位付けします。制限時間は30分で、家畜をいろいろな角度から観察し、審査用紙に記入していきます。この競技は、公開種目となっています。日連から実施基準等は提示されません。
    実施の詳細については開催県による全国大会ホームページをご覧ください

  • フラワーデザイン競技会(公開競技)(平成27年度群馬大会では実施いたしません
    個人あるいはチームで、園芸作物の知識や栽培技術、活用方法、フラワーデザインに関する学習の成果を競い合うものです。
    各自あるいは大会本部で用意した花材を使って一定時間内にコンセプトにあった作品を完成させる。作品製作中の態度なども採点となっています。この競技は、公開種目となっています。日連から実施基準等は提示されません。
    実施の詳細については開催県による全国大会ホームページをご覧ください。

  • クラブ員代表者会議
    全国の単位クラブの会長(代表者)が参加して行われる会議です。
    毎年3つのテーマについて話し合います。平成26年度沖縄大会では次のようなテーマで話し合いがされます。
    「農業高校のイメージアップのためには、どのような活動があるか」、「クラブ員全員が高い意識を持つために、役員ができることは何か」、「農業高校で学んだことを日本の農業の未来にどう生かすか」です。                      

     

  • 大会式典
    全国大会参加者が一堂に会して行われる式典です。
    次第は概ね次の通りです。
    ①主催者・来賓あいさつ
    ②審査講評・成績発表
    ③歓迎の集い
    ④最優秀者発表⑤表彰
    ⑥大会講評・大会旗引継となっています。
 
歴代全国大会
農業クラブ全国大会は、農業高校の甲子園とも言われ、各都道府県の予選を通過して、
出場した生徒が、日本一をめざします。
毎年全国各地で、伝統ある大会が行われています。過去の全国大会は下記のとおりです。
全国大会過去開催地.pdf

【過去の全国大会開催地】
平成22年(2010) 第61回 北海道大会
平成23年(2011) 第62回 長崎大会
平成24年(2012) 第63回 長野大会
平成25年(2013) 第64回 首都圏大会       
平成26年(2014) 第65回 沖縄大会
平成27年(2015) 第66回 群馬大会
平成28年(2016) 第67回 大阪大会
平成29年(2017) 第68回 岡山大会

【今年度全国大会開催地】    
平成30年(2018) 第69回 鹿児島大会